アグラオネマ

アグラオネマ

アグラオネマ

アグラオネマ
アグラオネマ

アグラオネマはある属の植物を開花ポトスファミリーにサトイモ科。それらは、アジアとニューギニアの熱帯および亜熱帯地域に自生しています。[1] [2]それらは一般に中国の常緑樹として知られています。[3]

出典: en.wikipedia.org

空気を綺麗に♪アグラオネマ シルバークィーン 6号 選べるセラアート鉢

アグラオネマの育て方

学名・別名Aglaonema
科名・属名サトイモ科アグラオネマ属(リョクチク属)
原産地熱帯アジア
置き場所室内の極端に暗くない所であれば大丈夫です。生長期はたまに戸外の半日陰に出すといきいきします。
水やり水分を好みますので夏は乾燥に注意です。葉も乾燥しすぎないように霧吹きします。
植え替え株が大きくなってきた時が植え替え時です。2~3年に1回位。
増やし方株分け、茎挿し、茎伏せが出来ます。植え替えと同時に行います。
冬越し寒さに弱いので、室内の15度位の暖かな所であれば安心です。
肥料緩効性肥料を2ヶ月に1回施します。薄めた液体肥料を水やり毎にあげてもいいです。
病害虫ほとんどありません。カイガラムシは注意。
備考

観葉植物の育て方カテゴリの最新記事