クロトン

クロトン

クロトン

クロトン
クロトン

ハズ属(ハズぞく、Croton)は、1737年にカール・フォン・リンネによって分類された、被子植物トウダイグサ科の属である。ハズ属植物はゲオルク・エーベルハルト・ルンフィウスによってヨーロッパに紹介・導入された。この属の一般名は英語で rushfoil および croton と呼ばれるが、後者の「クロトン」はヘンヨウボク (Codiaeum variegatum) をも指す。属名のCrotonはギリシア語でダニを意味する κροτον (kroton) から来ている。これは、ハズ属のある種の種子の形状に由来する[1]。

出典: ja.wikipedia.org

クロトンの育て方

学名・別名Codiaeumvariegatum
科名・属名トウダイグサ科クロトンノキ属
原産地マレー半島東インドオーストラリア
置き場所直射日光が大好きなので、真夏以外は日当たりのいい所に置きます。
水やり乾燥には強いほうですが生育期はしっかり与えます。
植え替え2年程たつと根詰まりしてきますので、一回り大きい鉢に植え替えます。
増やし方取り木と挿木が容易です。
冬越し寒さに弱く10度以上ないと越冬できません。冬は暖かい室内で管理しましょう。
肥料化成肥料を2ヶ月毎に施します。葉色が悪い時は即効性の液体肥料が効果的です。
病害虫カイガラムシがつきます。
備考

観葉植物の育て方カテゴリの最新記事