コニファー

コニファー

コニファー

コニファー
コニファー

コニファー(英: conifer)は、針葉樹の総称。厳密には、裸子植物が丸みを帯びた実を付けることから「コニファー」と呼ばれるが種別でいうと広義には球果植物門の植物を指す。狭義には日本では一般的に、球果植物門のうち、園芸用の品種をさす。世界的には、数万種に及ぶ品種があるが、日本で生育できるのは200種程度と言われている。近年、洋風住宅の増加などで変化してきた庭や街の景観によく似合うため、次第に普及してきている。日本では、東京都、千葉県など各地で生産されている。

出典: ja.wikipedia.org


スパイラル仕立てのオシャレなゴールドクレスト+アイビー寄せ植え ホワイトスクエア陶器鉢「ストレート」

コニファーの育て方

学名・別名Chamaecyparis,Cryptomeriaetc
科名・属名ヒノキ科スギ科
原産地世界各国
置き場所耐陰性があり明るい室内で問題なく育ちます。戸外で庭木として使われる事が多くその強さが伺えます。時々外に出して日向ぼっこしてあげましょう。
水やり夏場はよく乾くので多めにあげます。冬季は少なめに。葉水してあげたほうが良い。
植え替え2~3年に1回はしてあげます。根が細かいですので傷めすぎないように気をつけましょう。
増やし方主に挿木で増やします。古い芽より新しい芽のほうが発根率は高いです。
冬越しもともと自生地の環境に適応した耐寒性の強い植物です。0度以下でも平気です。
肥料油かすなどの有機肥料を与えます。固形のものがいいでしょう。
病害虫戸外だとハダニが発生するかもしれません。
備考

観葉植物の育て方カテゴリの最新記事