シペラス

シペラス

シペラス

シペラス
シペラス

カヤツリグサ属は、単子葉植物綱カヤツリグサ科の代表的な属である。多くは水湿地に生えるが、海岸に生育するものもあり、畑の雑草となるものもある。少数ながらパピルスのような有用種もある。世界の熱帯から亜熱帯を中心に分布し、温帯まで広がるものがある。約700種が知られている。日本からは40ほどの種や変種、それに自然雑種が知られている。外来種もいくつか知られている。また在来種とされている種でも、史前帰化植物ではないかと考えられているものもある。

出典: ja.wikipedia.org

シペラスの育て方

学名・別名Cyperus
科名・属名カヤツリグサ科
原産地熱帯亜熱帯
置き場所自生地が高温多湿ですので、年中日光に当てていきます。秋から冬にかけては室内の明るい場所におきます。
水やり湿り気味なくらいがいいでしょう。秋から冬は少なめにします。
植え替え保水性の高い土を使って植え替えます。時期的には5~7月頃
増やし方株分けや挿し木にて行います。
冬越し5度から7度以上が必要でしょう。
肥料化成肥料を定期的に与えます。
病害虫カイガラムシ等
備考

観葉植物の育て方カテゴリの最新記事