ドラセナ

ドラセナ

ドラセナ

ドラセナ
ドラセナ

ドラセナ属(ドラセナぞく、学名Dracaena)は、スズラン亜科の属の一つで、原種および分布はアフリカ全土、ギニア北部を中心とした亜熱帯地域である。リュウケツジュ(竜血樹)属ともいう。この属の植物の中には、葉が美しく観葉植物として栽培されるものが多くある。

出典: ja.wikipedia.org


ドラセナ デレメンシス レモンライム 10号+バスケット鉢カバー

ドラセナの育て方

学名・別名Dracaena
科名・属名リュウゼツラン科ドラセナ属
原産地熱帯アフリカアメリカアジア
置き場所5~10月までは適度に日光に当てた方が葉色が良くなり活発に生育します。ある程度明るい室内であれば育ちます。
水やり生長期はかなり水分を欲します。多少、多湿気味にあげるくらいが丁度良いです。冬は少なくしていきます。
植え替え正常な株は2年で根がいっぱい張ってますので、ひとまわり大きい鉢に植え替えます。
増やし方挿し木、茎挿し、茎伏せ、取り木と再生力がすばらしいです。
冬越しドラセナは品種が多く種類によって違いますが、だいたい10度前後は必要です。
肥料2ヶ月毎に暖効性肥料を施します。
病害虫戸外に置いてるうちにハダニが付くかもしれません。葉水して防いでいきましょう。
備考

観葉植物の育て方カテゴリの最新記事