フィットニア

フィットニア

フィットニア

フィットニア
フィットニア

Fittonia(神経工場は)ある属の植物の開花アカンサスに家族、キツネノマゴネイティブ南米の熱帯雨林、主にペルーへ。[2]最も一般的に栽培されているのは、F。albivenisとその栽培品種です。それらは、高さが10〜15 cm(4〜6インチ)成長する常緑 多年生植物を広げています。彼らは白から濃いピンクのアクセントのある静脈を持つ青々とした緑の葉を持ち、茎を覆う短い毛羽立ちを持っています。茎が葉に分かれた後、小さな芽が現れることがあります。花は小さく、白からオフホワイトの色です。植物は、穏やかな日光と55°F(13°C)を超える温度の湿った場所に保管するのが最適です。したがって、温帯地域では、観葉植物として育てなければなりません。数日間水がないと、この植物は「気絶」することが知られていますが、すぐに水をやると簡単に復活します。その広がりの習慣はそれを地被植物として理想的にします。

出典: en.wikipedia.org

フィットニアの育て方

学名・別名Fittonia
科名・属名キツネノマゴ科フィットニア属
原産地コロンビアアンデス山系
置き場所程よく明るい室内で生育出来ます。戸外なら直射日光と雨の当たらない風通しの良い所にしましょう。
水やりなるべく乾燥させない水やりを心がけます。
植え替え2年毎に根詰まりをチェックして必要なら行います。
増やし方挿し木と植え替え時の株分けです。
冬越し15度前後はほしいので、屋内に保温設備があれば安心できます。
肥料水やりと同時に薄めた液体肥料を与えます。
病害虫ハダニ、ナメクジが発生するかもしれません。
備考

観葉植物の育て方カテゴリの最新記事