カネノナルキ

カネノナルキ

カネノナルキ

カネノナルキ
カネノナルキ

カネノナルキ(金のなる木、学名: Crassula ovata)は、ベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物。正式には、クラッスラ・ポルツラケア(英: Crassula portulacea)といい、園芸名では、カゲツ(花月)とも呼ぶ[2]。和名はフチベニベンケイ[1](縁紅弁慶)であるが、あまり使われない。

出典: ja.wikipedia.org

カネノナルキの育て方

学名・別名Crassulaportulacea
科名・属名ベンケイソウ科
原産地南アフリカ
置き場所夏の強光期以外は日に当てていきます。
水やり多肉性の葉をもっていますので、乾燥には強く乾いてから少ししてから与える程度で十分でしょう。
植え替え川砂と腐葉土を配合した土を用意して春から夏の間に植え替えます。
増やし方葉挿し、茎挿しなどで簡単に繁殖できます。土に軽く挿す程度で大丈夫
冬越し戸外でも冬越しできますが、霜や雪に注意がいります。
肥料5月から10月の間に化成肥料を少量ずつ与えます。
病害虫ほとんどないでしょう。
備考別名金のなる木

観葉植物の育て方カテゴリの最新記事