カンノンチク

カンノンチク

カンノンチク

カンノンチク
カンノンチク

カンノンチク(観音竹、Rhapis excelsa)は、小柄なヤシ科植物の一種。掌状複葉の葉はお椀のように上に反り、少数にだけ裂ける。古くから栽培され、古典園芸植物としての品種も多い。

出典: ja.wikipedia.org


シュロ竹 8号+信楽焼陶器鉢カバー(J-6)

カンノンチクの育て方

学名・別名Rhapisexcelsa
科名・属名ヤシ科
原産地中国南東部
置き場所明るい日陰や半日陰におきます。風を受ける場所には気をつけましょう。室内でも育ちます。
水やり適度に乾湿をつけないといけないので、水を与えてから乾くまでよく見てあげましょう。冬は控えめにしますが葉水も定期的にしてあげます。
植え替え2~3年に一度は鉢を大きくして行います。水はけのいい用土を使うと良いでしょう。
増やし方一般的には株分けをします。植え替えの際に子株があれば切り離して植えつけましょう。
冬越し比較的強いので3度以上のところでいいでしょう。温度差が激しいと株が痛みます。
肥料戸外なら油かすがいいですが、室内は液体肥料を薄めてあげます。
病害虫カイガラムシがついていたらブラシで落とします。
備考観音竹

観葉植物の育て方カテゴリの最新記事