マングローブ

マングローブ

マングローブ

マングローブ
マングローブ

マングローブ(英: mangrove[1])とは、熱帯および亜熱帯地域の河口汽水域の塩性湿地にて植物群落や森林を形成する常緑の高木や低木の総称[2][3][4][5][6][7]。漢訳した日本語で「紅樹(こうじゅ)」といった場合、オヒルギ[3]、または、オヒルギなどヒルギ科の常緑樹[2][7]、あるいは、マングローブの構成種全般[2]を指す。

出典: ja.wikipedia.org


かわいいボトル入り♪ 珍しい!マングローブ ガラス鉢

マングローブの育て方

学名・別名Bruguiera
科名・属名ヒルギ科オヒルギ属
原産地沖縄
置き場所明るい場所を好む植物
水やり常に水を切らさないようにします。
植え替え温かい5~9月に行います。
増やし方
冬越し冬場は、直射日光を避け、温度が極端に下がらないところで管理します。およそ10℃以上を保ちます。
肥料春から秋にかけて液体肥料を与えます。
病害虫
備考マングローブとは、熱帯・亜熱帯地域の沿岸や河口に生育する植物の総称

観葉植物の育て方カテゴリの最新記事