ウツボカズラ

ウツボカズラ

ウツボカズラ

ウツボカズラ
ウツボカズラ

ウツボカズラ(靫葛)はウツボカズラ属の植物の総称でもあるが、その中の1種であるNepenthes rafflesiana Jack の標準和名でもある。この記事はこの種について扱う。丸く膨らんだ捕虫袋と漏斗型のそれを付けるもので、東南アジアに比較的広い分布域を持つ。

出典: ja.wikipedia.org

ウツボカズラの育て方

学名・別名Nepenthes
科名・属名ウツボカズラ科ネペンテス属
原産地熱帯アジア
置き場所直射日光は避けた明るい場所に置きます。湿度を好むので乾燥には注意。
水やり表面が乾いたら与えます。高温多湿にするため葉水します。
植え替え6~8月が適期。根を傷めないようにします。
増やし方挿し木が簡単です。
冬越し寒さには弱いので冬季は温室で管理します。10~15度
肥料2ヶ月に1回置き肥えを施す。
病害虫ハダニ等
備考袋の底の部分に消化液を溜めて、捕らえた虫を消化液で溶かして栄養分を吸収します。

観葉植物の育て方カテゴリの最新記事