ポインセチア

ポインセチア

ポインセチア

ポインセチア
ポインセチア

ポインセチア(英: Poinsettia、学名 Euphorbia pulcherrima)はトウダイグサ科トウダイグサ属の植物。常緑性低木。学術上の標準和名はショウジョウボクであり、ポインセチアは通名である。日本では11月から12月ごろに茎の上にある葉が赤や桃色や乳白色に美しく色付く。クリスマスが近くなると花屋に鉢物が出回ることから「クリスマスフラワー」とも呼ばれる。そのため日本では仲冬(大雪から小寒の前日まで)の季語とされている[1]。

出典: ja.wikipedia.org

ポインセチアの育て方

学名・別名Euphorbiapulcherrima
科名・属名トウダイグサ科ユーフォルビア属
原産地メキシコ西部
置き場所日光を好むので常に明るい室内におきましょう。日照時間が短くなると上葉が紅く色づきます。
水やり温かくなる5月以降はよく乾きますのでたっぷりと与えます。冬場は天気のいい午前中に与えましょう。
植え替え5月から7月頃の間に保水性、排水性のいい土で植え替えます。
増やし方植え替えの際に元気な芽を残しておいて挿し木しておくと発根します。
冬越し7度以上の室温を保てば冬越し可能です。
肥料生育期に月に2回くらい液体肥料をあげましょう。
病害虫カイガラムシなど
備考

観葉植物の育て方カテゴリの最新記事