シンゴニウム

シンゴニウム

シンゴニウム

シンゴニウム
シンゴニウム

Syngonium / sのɪ ŋ ɡ oʊ N I əメートル/ [3]である属の植物の開花家族でサトイモ科のネイティブ、熱帯 雨林南部でメキシコ、西インド諸島、中央および南アメリカ。[2]樹木で10〜20m以上の高さに成長する木本のつる植物です。彼らは葉を持っていますその成長の植物の段階に応じて変化する形状、および成人の葉の形は、多くの場合よりもはるかローブされている少年の通常小さいに見えるフォーム家の植物。この属の学名はギリシャ語のσύν(syn-plus、z)とγονή(gone-gonada)に由来し、雌花の融合した卵巣を指します。

出典: en.wikipedia.org

シンゴニウムの育て方

学名・別名Syngonium
科名・属名サトイモ科シンゴニウム属
原産地熱帯アメリカメキシコパナマ
置き場所強光は葉を傷めますので、明るい室内か戸外の日陰に置いてあげます。
水やり高温多湿を好むので、夏はたっぷりと与えて冬は乾いて2~3日後にあげるようにします。午前中に葉水してあげると良いです。
植え替え健康な株だと根も旺盛に伸びています。鉢底を見て根が詰まってないか確認してあげましょう。1~2年で必要。
増やし方株分けと挿し木が出来ます。5~9月に行いましょう。
冬越し10~15度くらいが理想的です。室内である程度の対策が必要。
肥料化成肥料を2ヶ月毎に与えます。多肥すぎると葉が変色してしまいますので注意して下さい。
病害虫ハダニが付くかもしれません。
備考

観葉植物の育て方カテゴリの最新記事